ふるさと納税とは

ふるさと納税とは,地方自治体への寄付金制度のことです。

地方自治体に寄付することで,その地方自治体を応援することになり,そのお礼として,地域の特産物など豪華な品物が貰えたりします。

また,寄付した金額は,所得税・住民税から控除されるということで,節税を目的とした方にもとても人気がある制度です。

 

控除に関しては,寄付した額から2,000円を引いた額が控除されます。例えば,1万円寄付したとしたら,8,000円分税金が控除されるということです。

これを言い換えると,「実質2,000円で豪華返礼品がもらえる」ということになります。

 

ふるさと納税はどれくらいお得なのか

実質2,000円で豪華返礼品が貰えるのですが,では実際,ふるさと納税をする人としない人とでは,どれくらいお得感に差があるのでしょうか?もう少し詳しく解説していきます。

 

 

この図は,年収600万円の場合,ふるさと納税をしない人とする人の2年間の税金の比較です。

 

まず,図の左側が「ふるさと納税をしない人」です。

1年目の税金が180万円,2年目の税金が180万円,2年間の合計が360万円です。

 

一方,図の右側は「ふるさと納税をする人」です。

1年目は税金180万円と68,000円分のふるさと納税をしているので,支払う額は186万8,000円となります。

しかし,2年目は66,000円分控除されますので,税金が173万4,000円となり,2年間の合計で360万2,000円となります。

 

一見,「2,000円多く払ってるじゃないか」と思われるかもしれませんが,これに豪華な返礼品が手に入るわけです。

(図では約34,000円相当の返礼品とありますが,これは商品によって変わってきます。)

ではその豪華な返礼品を例として68,000円分ピックアップして紹介します。

 

まずこちらです。

黒毛和牛の切り落とし 約1.75kg
黒毛和牛の切り落とし 約1.75kg

こちら1万円の寄付で黒毛和牛が約1.75kgもらえます。

 

九州産豚切落し 4kg
九州産豚切落し 4kg

こちらも1万円の寄付で4kgの豚肉がもらえます。

 

新潟県奥阿賀産こしひかり10kg
新潟県奥阿賀産こしひかり10kg

こちらも1万円の寄付でお米が10kgです。

 

この時点で,3万円の寄付で「牛肉1.75kg」「豚肉4kg」「お米10kg」もらえることになります。

68,000円の寄付だと,少なめに見積もって,単純にこれの2倍と考えても「牛肉3.5kg」「豚肉8kg」「お米20kg」相当のものが貰えることとなります。

そして,これらが「実質2,000円」でもらえるということになるのです。表にすると下のような感じです。

ふるさと納税しない人 ふるさと納税する人
1年目の税金 180万円 186万8,000円
2年目の税金 180万円 173万4,000円
2年間で払う税金 360万円 360万2,000円
貰える返礼品の例 なし 牛肉3.5kg
牛肉8kg
お米20kg

 

ふるさと納税がとてもお得だということがわかっていただけたのではないかと思います。

 

ふるさと納税 おすすめサイト

ふるさと納税をするには,各地方自治体のホームページから申し込むことができます。

また,「ふるさと納税サイト」というのもあり,いろいろな地方自治体の返礼品などがまとめてあり,そこから申し込むことができ,とても便利です。

当サイトでは,そんな便利な様々なふるさと納税サイトを,その特徴を解説しつつ,紹介していきます。

 

さとふる
 

公式サイトはこちら

認知度と利用意向No.1

◎返礼品のお届けは送料無料

◎決済方法は6種類
・クレジットカード決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・Pay-easy決済
・auかんたん決済
・コンビニ支払い
・ドコモケータイ払い

スマホに完全対応

◎マイページで寄付履歴を管理できる

◎控除上限額がわかりやすく,確定申告もカンタンにできるアフターフォローも充実

公式サイトはこちら

ふるなび
 

公式サイトはこちら

◎「ふるなび」でふるさと納税をすると寄付金額の1%のAmazonギフトコードが貰えます

◎ふるさと納税について「マンガ」でわかりやすく紹介してくれています。マンガ解説ページはこちら

公式サイトはこちら

noma-style.com
 

公式サイトはこちら

◎ふるさと納税としては珍しい「ファッション」の返礼品がもらえるサイト。

◎返礼品ブランドの一例
・ジェラートピケ
・シップス
・コールマン
・プライベートスプーンズクラブ
・エルゴベビー
など

公式サイトはこちら

ふるさと納税 確定申告

ふるさと納税をしても,後から税金の控除をするための確定申告の手続きが面倒なのでは?と思い,ふるさと納税をしない人もいると思います。

実は,条件に合えば,確定申告しなくても良いという制度があります。

 

その制度を「ワンストップ特例」と言い,寄付をした年の所得について確定申告の必要がなく、寄付先の自治体が5つまでの人が利用できる、カンタンに税額控除の手続きができる制度のことです。

具体的には,サラリーマンの方のように給料を貰っていて,基本的に確定申告をする必要がない方,かつ,寄付先が5つまでの方がこの制度の対象です。

寄付先が6つ以上の場合は,確定申告をしなければいけませんので注意です。

 

ということで,ふるさと納税に,面倒なハードルはもはや無いと言えますね。気軽にやってみたいと思います。

ふるさと納税サイト「さとふる」にワンストップ特例について詳しく書いてあるページがありますので,ご覧ください。


ふるさと納税!さとふるが簡単!

コメントは受け付けていません。